中2理科「単体と化合物」混合物と化合物の違い

スポンサーリンク

中学2年理科。化学変化の中の「単体と化合物」について学習します。

  • レベル★★☆☆
  • 重要度★★☆☆
  • ポイント:水溶液は混合物、化学式で分類

混合物と純物質

単体と化合物

物質は、大きく混合物と純物質に分類できます。混合物とは、2種類以上の物質が混ざっている物質で、純物質とは1種類の物質だけでできているものです。

空気は、窒素や酸素、二酸化炭素などの気体が混ざっています。したがって、混合物に分類できます。酸素は、酸素という物質だけでできている気体です。なので純物質に分類されます。

  • 混合物…2種類以上の物質でできている。
    〈例〉空気、石油、海水、泥水、食塩水、塩酸
  • 純物質…1種類の物質だけでできている。
    〈例〉酸素、窒素、水、塩化水素、アンモニア

単体と化合物

1種類の物資でできている純物質は、単体と化合物に分類できます。純物質を単体と化合物に分類するには、物質を化学式で表すことが必要になります。

  • 単体…1種類の原子だけでできている物質。それ以上分解できない。
  • 化合物…2種類以上の原子だけでできている物質。分解できる。
スポンサーリンク

単体と化合物 動画で確認

もっと詳しい解説は…

FukuuExam

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする