中2理科「肝臓のはたらき」アンモニアを尿素に変える

スポンサーリンク

中学2年理科。肝臓のつくりとはたらきについて学習します。

  • レベル★★☆☆
  • 重要度★★★☆
  • ポイント:肝臓の3つのはたらきを覚える!

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「肝臓のはたらき」

肝臓のはたらき

肝臓は、からだの中にある臓器で一番大きな臓器です。たくさんのはたらきを行っているので、人体の化学工場とも呼ばれます。中学理科では、そのうち3つのはたらきを覚えましょう。

  1. 有害なアンモニアを無害な尿素に変える。
  2. 胆汁をつくる。
  3. 養分をグリコーゲンとして一時蓄える。

肝臓の3つのはたらき

スポンサーリンク

アンモニアを尿素に変える

特に重要なのが、有害なアンモニアを無害な尿素に変えるというはたらきです。細胞の呼吸やタンパク質を消化した際に、人体にとって有害なアンモニアが発生します。これを無害な尿素につくりかえてくれるのが肝臓です。

その他にも、アルコールなどの有害な物質を無害な物質につくりかえています。つまり、肝臓は人体にとって危険なものを無害なものに変える「解毒」というはたらきを担っているのです。

肝臓と血液循環

動画で養分の吸収から、肝臓の働きまでまとめていますので確認してください。
授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「肝臓のはたらき」

肝臓のはたらき動画で確認

もっと詳しい解説や問題は…

FukuuExam

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る