中1理科「水圧の求め方」基本事項と水圧の計算

スポンサーリンク

中学1年理科。水圧について学習します。計算問題もマスターしましょう。

  • レベル★★★☆
  • 重要度★★☆☆
  • ポイント:水圧は深ければ深いほど大きくなる!

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「水圧の求め方」

水圧とは?

水圧とは、水の重さによって受ける圧力のことをいいます。プールや海で、深くまで潜ると耳が痛くなったりしますよね。それは、水の重さによる圧力、水圧を受けているからです。

水圧は、周りの水の重さによって受ける圧力ですから、あらゆる向きにはたらきます。また、面に対しては垂直な向きに力を受けます。

水圧は深さに比例して大きくなります。深ければ深いほど、水圧は大きくなっています。

水圧

スポンサーリンク

水圧の求め方

水圧は、物体の上にある水の重さと、物体の面積から求めることができます。計算の手順としては次の通りです。

  1. 物体の上にある水の柱の体積[cm³]を求める。
    底面積×物体の面までの深さ=水の柱の体積
  2. 水の柱の質量[g]を求める。
    水の柱の体積×水の密度=水の柱の質量
  3. 水の柱の重さを求める。
    質量÷100=水の柱の重さ
  4. 水圧[Pa]を求める。
    水の柱の重さ[N]÷物体の面積[m²]=水圧[Pa]

動画で解説しているので、計算問題も含め演習してみてください。

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「水圧の求め方」

水圧の求め方 動画で確認

もっと詳しい解説や問題は…

FukuuExam

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする