【中学受験・理科】入試に出る重要な語句の確認「植物編」

スポンサーリンク

中学受験でよく出る用語をまとめてみました。それぞれどんな意味なのか、説明ができるようにしておくことが大切です。

重要な用語の確認

今回取り上げるのは、中学入試で出題されやすい用語です。小学校の教科書に載っていない語句もありますが、受験では出題される内容ですので、しっかりと意味を確認しましょう。

スポンサーリンク

植物分野

植物の成長や花や実のつくり、花粉の受粉などが出題されます。

胚(はい)

種子の発芽後に、根・茎・葉となるところ。

単子葉類(たんしようるい)

芽生えのとき子葉が1枚の植物。葉の模様である葉脈は平行になります。トウモロコシなどが単子葉類です。

双子葉類(そうしようるい)

芽生えのとき子葉が2枚の植物。葉の模様である葉脈は網目状になります。アサガオなどが双子葉類です。

両性花(りょうせいか)

1つの花に、おしべとめしべがある花のこと。ヒマワリやアサガオ、タンポポなどが両性花になります。

単性花(たんせいか)

1つの花に、おしべかめしべの一方しかない花。おしべがある方の花をお花、めしべがある方の花をめ花といいます。カボチャやヘチマ、トウモロコシなどが単性花になります。

子房(しぼう)

めしべの根元のふくらんだ部分を子房といいます。この子房は受粉後果実になります。

胚珠(はいしゅ)

子房の中にある、受粉後に種子(しゅし)になる部分。

受粉(じゅふん)

おしべの先のやくでつくられた花粉が、めしべの先端の柱頭(ちゅうとう)につくこと。

虫媒花(ちゅうばいか)

花粉が虫によって運ばれ、受粉をする花のこと。鮮やかな花びらをつけたり、甘い香りで虫を引き寄せます。

風媒花(ふうばいか)

花粉が風によって運ばれ、受粉をする花のこと。花粉は風に飛ばされやすいようにさらさらとしており、空気袋がついている花粉もある。

おすすめの参考書

中学受験を研究してつくられた参考書です。わかりやすく欲張ったつくりをしていないので、さくさくと勉強を進めることができます。中学受験の力強いアイテムになること間違いありません。


中学受験 見るだけでわかる理科のツボ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る