ピューリタン革命とは?(中学歴史)

スポンサーリンク

ピューリタン革命

1640年から1660年、王政(国王の専制政治)が否定され、クロムウェルによる共和政治が行われる。議会にピューリタンが多かったことからそう呼ばれる。

  • 王権神授説…国王の権限は、神から与えられて絶対という考えで、国王の専制政治のよりどころ
  • 共和制…君主をもたない政治。しかしながら、誠意が独裁的になり、のちに王制が復活。
  • ピューリタン…清教徒。キリスト教のプロテスタント(カルヴァン派)の大きなグループ。
中学歴史「欧米の近代革命」重要ポイント
中学歴史「欧米の近代革命」重要ポイントについてまとめています。 ヨーロッパの近代革命 啓蒙思想 教会や国王の支配に苦しんでいた人々に、…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る