大岡越前の三方一両損という考え方

スポンサーリンク

今日は勉強とは関係がありませんが、親がテレビで見ていた「大岡越前」でできてきた名裁きに感心しました。

三方一両損

ストーリーを簡単に説明すると、大工が三両入った財布を落とし、それを拾って届けた左官が泥棒と間違えられ袋叩きにされてしまいます。間違いだと気づいた大工は、左官にその三両をあげようとしますが、左官は受けとりません。大工も戻ってきた三両を受けとろうとしません。

江戸中がこの騒動に注目し、ついには大工と左官の棟梁も登場し、江戸を二分する論争になります。ここで大岡越前が登場し、三方一両損という名裁きを行います。

三両に大岡越前が一両を足し、大工に二両、左官に二両を渡すのです。大工はもともと持っていた三両が二両に、左官は受けとれば三両だったところが二両に、そして大岡越前は一両をポケットから出すことになり、3者ともに一両損するという考え方です。

司法的に問題があるように思えますが、こんなに感情的になっているときには全員を落ち着かせるいい方法ではないかと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする