香辛料を育てようとどんな香辛料があるかまとめてみた

スポンサーリンク

香辛料も育ててみようと、どんな香辛料があるかを調べてみました。すると、たくさんの香辛料があってビックリしました。さあ、どんな香辛料を育てようか。これから、香辛料が旬になるとみています。食文化が発達し、大衆から個人の趣向に寄り添った方向に向かうと考えられます。そこで、香辛料の登場です。香辛料は、一振りで、その味に絶妙なスパイスを利かすことができ、食を際立たせてくれます。個人の趣向に沿って、香辛料を使い分けられることによって、一人ひとりの趣向に合わせることができます。そんな便利な香辛料こそ、まず、個人の趣向に沿った食の第一人者になるだとう思っています。

香辛料

スポンサーリンク

ターメリック

カレーの着色スパイスとしてよく使われます。健康食品としても注目され、ウコンを含む健康食品も多く販売。

<効用>

  • 消化作用
  • 新陳代謝の活性

シナモン

世界最古のスパイスの1つです。化粧品にも使用されます。甘味を際立たせるので、お菓子によく使用。

<効用>

  • 殺菌効果
  • 活性作用

ショウガ

香辛料としてだけではなく食材としても食べられています。

<効用>

  • 発散
  • 健胃
  • 保温
  • 解熱
  • 消炎
  • 鎮吐

ニンニク

世界各国の料理で用いられ、香味野菜の代名詞的存在。食欲をそそる効果。

<効用>

  • 疲労回復
  • 体力増強
  • 滋養強壮

レッドペッパー

料理に辛みをつけるのに使われます。

<効用>

  • 健胃薬
  • 凍瘡・凍傷の治療
  • 育毛
  • 血行促進

コリアンダー

カメムシソウ」の名もあるとおり、独特の風味があるのが特徴。

<効用>

  • 胃腸のはたらきを促進
  • 新陳代謝を活性

ブラックペッパー

胡椒は、熱帯性常緑つる性植物であり、その熟していない緑色の実を果皮ごと天日に乾したものが黒胡椒とのこと。

<効用>

  • 抗菌・防腐・防虫作用
  • 便秘

フェンネル

若い葉および種子(フェンネルシード)は、甘い香りと苦味が特徴.

<効用>

  • 消化促進
  • 消臭
  • 解毒作用
  • 下痢
  • 腹痛

次回は、注目のヒバーチ(ヒハツ)について、記述していみたいと思います。

人によっては、好き嫌いのでる香辛料。それにかけて、ドイツの哲学者ニーチェの言葉

『誰からも好かれなくてはいけないなどと思わず、人には普通に接していたほうがいい。』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする