初心者が農業をやるうえで大切なことをまとめてみた

スポンサーリンク

中年の男の子や学生たちが農業を始めるという。荒れ果てた畑を1から作りあげるという。今回は、そんな初心者が農業を始める上で、大切なことをまとめてみた。

農業をやるうえで大切なこと

「感性」「覚悟」「忍耐」「知識」ということになるでしょう。

スポンサーリンク

感性

感性はもっとも大切なことだと思う。それは、自然を相手にするからだ。たとえば、気温の変化をカラダで感じる。土に水をやるのもそう。あと一振りなのか、もうやめなのか。そういう1つ1つの感性のバランスが、作物を育てる上では大切だ。これは、作物と自然との対話と言ってもいいであろう。

農業には、瞬時瞬時に様々決断が迫られるわけだが、そこも感性。1つのミスジャッジが、一瞬で作物をダメにするとこもある。

覚悟

農業には、「覚悟」も必要。その農業をやろうと思うくらいだから覚悟は必要だろうが、要は、その「覚悟」をいつなんどきも忘れないことである。初志を貫くこと。つまり、「初志貫徹」が求められます。

忍耐

忍耐も必要。忍耐を保つためには、健康であることが大切。心・体のこと2つ。いつもメンテナンスが欠かせないことは間違いない。健康な心と体をもって、忍耐をもつことができる。

知識

感性と覚悟と忍耐をもって、はじめて知識が必要になる。知識は、ずっと積み重ねていくものだから、その学びに終わりはない。農業をやるということは、それは同時に、知識を増やしづづけることになる。

まとめ

初心者が農業を始めるあたって大事なことは4つ。

  • 感性
  • 覚悟
  • 忍耐
  • 知識

それぞれ1つも欠かせないことである。

あの哲学者ニーチェもいう。
「いつか空の飛び方を知りたいと思っている者は、まず立ちあがり、歩き、走り、登り、踊ることを学ばなければならない。その過程を飛ばして、飛ぶことはできないのだ。」

農業をやりたいと思えば、「感性」「覚悟」「忍耐」「知識」を知らずして、農業をやることはできないのだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする