ニラの栽培・育て方を学ぶ

スポンサーリンク

比較的栽培しやすく、栄養価の高い緑黄色野菜のニラについて学んでみました。原産地・生産地は、中国西部でユリ科ネギ属に分類されます。

ニラの栽培データ

  • 発芽地温:20℃前後
  • 生育適温:20~25℃
  • 日当たり:日なた
  • 土壌酸度:弱酸性
  • 植えつけ:株間15~20cm
  • 種まき:3月または9月
  • 備考:若干乾燥に弱い
スポンサーリンク

ニラについて知る

成分

  • 硫化アリル…ニラ特有の香りのもとで、ネギやタマネギにも含まれる、ビタミンB1の吸収を促進
  • カロテン…油もの相性がいい。よって、レバーなどとの炒め物や中華料理に欠かせない
  • ビタミンE…カロテンと同様。

ニラの特徴

  • 大葉群と、小葉(細葉)群のニラ…冬季、休眠します。現在の主流は、大葉系のニラです。
  • 花ニラ群のニラ…冬季、休眠しません。

ニラは野菜のなかでは数少ない多年草となります。比較的寒さに強く、夏季、気温が高くなると生育は早ります。花芽は長日・高温条件で分化し、7~8月にトウ立ち・開花します。ニラは冬、低温・短日で休眠に入り、地上部は枯れます。花ニラは比較的高温を好み、年中トウが立ち、それを食用にします。

ニラの病虫害

病気はさび病、乾腐病、白斑葉枯病などが発生することがあります。害虫ではアブラムシが最も被害が大きくなりやすい傾向。いずれにしも、早期発見早期対処が臨まれます。

あわせて読みたい

春は生命の勢いを感じる季節。多くの野菜や果物の蒔き時・植え時になります。春に植える植物の多くは夏に収穫の時を迎え、赤々と身のなるものから青々とした新鮮な葉物までその種類は豊富です。
おすすめ農業初心者におすすめ春から作れる実のなる野菜たち

初心者が最初に作ってみるといい、おすすめの作物をまとめてみました。家庭菜園の「食べられる」「収穫できる」この2つの楽しみは格別です。
おすすめ春から始める家庭菜園!簡単に作れるおすすめ作物まとめ一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする