【中学歴史】南北朝時代の確認問題

シェアする

南北朝時代の確認問題

次の文を読んで、あとの問いに答えなさい。

足利尊氏は、( A )に味方をしてa鎌倉幕府を倒したが、のちに ( A )が行った( B )の新政に不満を持つと、b新しい天皇をたて、京都に幕府を開いた。一方、奈良の( C  にのがれた( A )もc新しい朝廷を開き、以降d二つの朝廷が約60年間対立した。

(1) 文中の (A) ~(C)にあてはまる語句を書きなさい。

(2) 下線部aについて、次の問いに答えなさい。
①鎌倉幕府が、土地の分割相続などで生活が苦しくなった御家人を救うために出した、借金を帳消しにする法令を何といいますか答えなさい。
②鎌倉時代の末期に、幕府や荘園領主の支配をおかし、年貢をうばうなどして農村を支配するようになった武士を何といいますか答えなさい。

(3) 下線部bの天皇は、足利尊氏を何という役職に任命しましたか答えなさい。
(4) 下線部cについて、この朝廷を何といいますか答えなさい。
(5) 下線部dの対立が終わった年は何年ですか答えなさい。

スポンサーリンク

南北朝時代の確認問題解答

(1) A後醍醐天皇 B建武 c吉野

(2) ①徳政令 ②悪党

幕府は、借金を帳消しにして御家人を救おうとしたが、北条氏が勢力を拡大させようとしたため、幕府への反感が高まった。

(3) 征夷大将軍

(4) 南朝

(5) 1392年

確認【中学歴史】室町時代の重要ポイント

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る