【中学歴史】室町時代の確認問題

シェアする

室町時代の確認問題

次の文を読んで、あとの問いに答えなさい。

室町時代には、a周辺諸国との貿易が、b国内産業の発達をうながした。商業活動が活発になり、( A )の開かれる回数が増えると、馬借などのc運送業者があらわれた。商工業者は( B )という 同業者組合を結成して営業を独占し、農村では( C )という自治組織がうまれた。

(1) 文中の (A)〜(C)にあてはまる語句を書きなさい。

(2) 下線部aについて、日本が中国から輸入したものを、次のア~エから1つ選びなさい。

ア まき絵 イ 銅銭 ウ 金 エ 刀

(3) 下線部b について、次の問いに答えなさい。
①京都の西陣などでつくられるようになった手工業品とは何ですか。
②この時代に各地に広まった農業の工夫で,米の裏作に麦をつくること を何といいますか答えなさい。

(4) 下線部Cについて、物資を運ぶとともにその保管も行った業者を何といいますか答えなさい。

(5) 各地で都市が発達し、自治組織がつくられ、自治都市として成長した。京都で町の自治をにない、祇園祭を盛大に行った裕福な商工業者を何といいますか答えなさい。

室町時代の確認問題解答

(1) A 定期市 B座 c惣

座は、武士や寺社などにお金を納めて保護を受け、営業を独占する権利を認められた。

(2) イ

(3) 1 絹織物 2 二毛作

(4) 問

(5) 町衆

確認【中学歴史】室町時代の重要ポイント

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る