宮崎安貞の農業全書の要約ポイント

シェアする

福岡県を代表する農業の偉人「宮崎安貞」をご存知ですか。江戸前期の農学者で安芸広島藩で生まれ福岡藩に仕えた農学者で、全国の農家を訪問し「農業全書」をまとめた人物です。

宮崎安貞とは?

高校の日本史の教科書にも登場する、農業においては一番有名な人物ではないでしょうか。宮崎安貞は、1623年(元和9年)に安芸広島藩の武士の子として生まれた人物です。1623年といえば、ちょうど三代将軍徳川家光が、伏見城で征夷大将軍の宣下を受けた年でもあります。

25歳になると山林奉行として福岡藩二代藩主黒田忠之に仕えますが、30歳を過ぎてまもなく職を辞して隠居します。隠居してからは九州や山陽、近畿を巡り歩き、さまざまな老農の経験談を聞き、山林原野の様子や河川の水利を観察しました。

隠居した場所は、筑前国女原村で現在で言う福岡市西区女原に当たります。武士の出身でありながら、一介の農民と同じく郷土の農業改善、民生生活の向上に尽力した人物です。隠居中には、京都の儒学者貝原益軒などとも中国の「農政全書」などを研究します。

農業に関する中国の書物と自らの経験をまとめ上げ「農業全書」を京都で出版し、明治以前の最高の農書と評価され、今では大蔵永常・佐藤信淵とともに江戸期の三大農学者と称されるようになっています。

スポンサーリンク

農業全書とは?

明治以前の農業所としては最も体系的で評価が高い書物です。全11巻あり宮崎安貞によってまとめ上げられました。中国の「農政全書」を参考にしながらも、日本の風土や地理的環境に適合するように執筆されています。

自ら実践してきた長年の体験や、西日本諸国を歴訪して得た見聞をもとに、農作業の効率的な方法や農作物の栽培法などについて詳しく記述されています。「農業全書」がこれ以降の農業に与えた影響は大きく、明治に至るまで何度も増刊されており、現在でも岩波文庫から出版が続けられています。

農民のために生きた日本農学の父

宮崎安貞がまとめ上げた「農業全書」は、西洋の自然科学をもとにした農業が伝わる以前は、日本の農業を大きく発展させるものでした。宮崎安貞の素晴らしい点は、他の農学者と違い、貧困にあえぐ農民の救済がその目的だったことです。

当時の農民の生活水準は非常に低い状況でした。農業の技術水準が低いこともあり、年貢を納めるのとで精いっぱい。そのために、豊かで明るい生活の道をたてられない農民が多いことを嘆き、自ら率先して農民の技術水準が向上するように行動を行ってきました。

漢字が読めない農民にも読みやすいように、すべての漢字に読み仮名をつけたり、イラストをつけることで、字が読めない者への配慮も欠かさず行っています。宮崎安貞は「農民が富まざれば、国富まず」の考え方を貫き「農学全書」を書き上げました。

春の耕作

宮崎安貞が書き上げた『農業全書』は、西日本の老農などから聞き出した農業の知識、自分が実践してきた農法などを事細かく記載しています。網羅性が強く大変優れた農業書となっています。

耕作についても季節ごとやポイントをしっかりとまとめ上げています。今日はその中の春の耕作についてまとめてみます。ポイントは自然を知って、自然の理を十分に生かすことです。

又古語にもいへるごとく一年の計は春の耕にあり、一日の計は鶏鳴にある事なれば、未明より起きて天氣の晴雨をよく見はかりて猶其日 の手くばりを定むべし。

昔の人が言っています。 一年の計は春の耕にあって、一日の計はニワトリのコケコッコーに始まるということは、朝早く起きて、天気がどうなのかをよく見て予想し、今日は何をすべきか段取りを決めるようことが大切である。

さて春の耕しは冬至より五十五日に当る時分、菖蒲の初めてめだつをみて耕し始むる物なり。菖蒲は百草に先立ちて生ずる物なれば、是を目当とする事也。
此外其所の草木のめだちに時分時分の目つけ心覺えすべし。すべて田畠共に一村の内にしても所により陽氣の遅速ある事なれば、寒氣の早くしりぞく所より段々に耕す心得すべし。

春に畑を耕すには、冬至から55日経過した日、菖蒲が芽生えるのを見て耕し始めるといいです。というのも、菖蒲はいろんな植物の中でも早く芽生える植物であるから、これをサインとして活用するべし。
その他にも、あなたが住んでいる地域の草木の芽生えの時期を見つけて覚えることも大切です。 全てのそれぞれの田畑は、農村内の畑でも場所によって陽気(日当たりや風当り、土地の性質)の違いや遅い速いがあるので、日当たりが十分によく寒気が早く後退する場所から順々に耕すように心がけましょう。

冬至とは、一年の中で太陽が最も南に寄り、南中高度が低く、北半球では昼が最も短い日になります。言い方を変えると日照時間が一番短く、植物にとってはまさに夜の状態になります。毎年12月22日ごろが冬至に当たります。この日から55日経過した日は、おおよそ2月の中旬あたりです。まだまだ寒い日が続く季節ですが、この時期からの耕作が大事なようです。

耕した後は?

又春の耕しは手に尋いで勞すとて、 犂きてそのまま耙(むまぐは)にてかくべし。いかんとなれば、春は風おほきゆへすきてかゝずそのまゝをけば、土かはき過ぎ、 うつけて性ぬくるものなり。

春に畑を耕すのは手で耕すくらいに苦労するといいます。鋤で畑を耕したらすぐにクワで掻いて畑を平らにならしておかないといけません。なぜなら、春は風が強い日が多いので、耕したままで放置すると、土は乾燥し過ぎ、虚けて土の精が抜けてしまうのです。

耕した後に畑をしっかりとならすことも大切のようです。2月中旬ですから、まだまだ作付けをしない時期です。耕した後の処置も大事なようです。

いつまで耕せる?

又耕すに時節をうしなふべからず、五六月は耕すとも7月は必ず耕すべからず。

畑を耕すには時節を間違ってはいけません。5、6月までは耕しても良いが、7月まで引っぱって遅く耕してはいけません。

梅雨が始まる前までにはしっかりと耕し、畑の精が抜けないように管理することも大切です。

休耕地を耕す場合

又曰く、初の耕しは深きをよしとす。重ねて段々すく事はさのみ深きをこのまず。初の耕し深からざれば土地熟せず。
重ねてすく事ふかくして生土(なまつち)をうごかせば、毒氣上にあがりて却てうへ物いたむものなり。但是は荒しをきたるを耕す事を云ふなり。

畑を初めて耕すときは深く耕すことがいいと言われます。 その後、段々と耕すときは、それほど深く耕さない方がいいです。初めの耕し方が浅いと、土地が熟しません。その後段々と耕す時は、深く耕して生土を動かすと、毒気が昇ってきてしまい、却って作物が傷むのです。ただしこれは、長く間放棄された休耕地などの荒れ地耕す時の方法です。

始め深く耕し、だんだんと浅く耕していくようですね。おそらく、深く耕さないと、植物が十分に根が張れず、通気性や排水性も改善しないからだと思われます。

いつもの畑を耕す場合

熟地をつねに耕すはしからず。先初はうすくすきて草を殺し、段々深くして種子を蒔くべき前は底の生土をうごかすべからず。たね生土の毒氣にあたりて生じがたく、さかへがたし。

普段使っている畑である熟地の耕し方は、前述した内容とは違います。最初は薄く耕して草を殺し、その後、段々と深く耕していき、種子を蒔く時期の前ぐらいには、底の生土を動かしてはいけません。種子が、生土の近くに蒔かれるとその毒気に当てられて、発芽しなかったり育たなかったりするのです。

休耕地と普段使用している畑の耕し方は全く逆のようです。これも休耕地を耕す場合のポイントになりそうです。

種について

宮崎安貞が書き上げた『農業全書』は、西日本の老農などから聞き出した農業の知識、自分が実践してきた農法などを事細かく記載しています。網羅性が強く大変優れた農業書となっています。

植物の赤ちゃんである「種」の大切さにも触れています。人間の赤ちゃんと同じように、植物にとっても種は宝です。自然の恵みに感謝しながら種まきを行いましょう。

五穀にかぎらず萬づの物たねをゑらぶ事肝要なり。 是生物の根源にて、即ち生理其中にある事なれば、慎んで大切にすべきことなり。

五穀(稲・麦・粟・稗・豆)だけでなく、この世に存在するすべてのものは「種」を選ぶ事が肝要です。これは「種」が生物の根源であり、つまりはその中に生物の仕組みそのものが入っているのからで、怖れ慎んで大切にしなければなりません。

種は生命の根源です。ないがしろにせず大切に扱うことが自然を敬うことにつながり、人々に多くの恵みをもたらしてくれます。私たちの食生活では毎日、この種を食べているのです。ですから、絶対に食べ残しがないように、一粒一粒大切に自分の口の中に入れていきたいものですね。

種の選別は雌穂を選べ

畑や田んぼに茂った植物から、来年に蒔く種を選別するのですが、この種の選別の仕方にもポイントがあるようです。

作り物の過ぎもせず、よき程に出來て蟲氣の痛もなく色よくうるはしきを常のかりしほより猶よく熟して苅取り、雌穂を見分けてゑりとるべし。 雌穂といふは其穀しげく茎も葉もしなやかに節高からずみゆるものなり。

種とするものは、出来過ぎのものではなく、ほどほどの出来のもので、虫に食われた痕のないもの色が良くうるわしく育っているものを選んで、いつも収穫する時よりも熟させてから刈り取って、その中から雌穂を見わけて選別します。 雌穂というのは殻が多く茂っていて、茎も葉もしなやかで、草丈もさほど高くないように見えるものです。

ほどほどの出来でよく茂っている雌穂を選別するのですね。素人には難しそうに思いますが、長年農作物と向き合っていれば、その見分け方がわかるのですかね。日々研究あるのみです。

まとめ

国が潤うためには食が必要です。その食を支える礎となるものが農業です。現在は多くの農作物が海外から輸入されるようになりましたが、やはり自分の地域のすぐ近くの田んぼや畑からとれる農作物は大切なものです。

そもそも、日本の村は農業を柱として成立してきたものです。日本の農業の衰退とともに、日本の社会は激変したと感じます。人と人のつながりが大切な現代。もっと農業に陽の目があたってもいいのではないでしょうか。

その他にも「種」については、大切にじっくりと選別することが述べられています。それもそのはず、種は農家の人にとっても非常に大切なもので、来年の農作物の出来高を左右するものです。農家の生活に直結します。宮崎先生もこの点を考慮し、大切に種を扱うように述べています。

自然の恵みに感謝しながら生活していけばきっと自然の恵み豊かな生活がおくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る