福岡の農業の偉人「宮崎安貞」農民が富まざれば国富まず

スポンサーリンク

福岡県を代表する農業の偉人「宮崎安貞」をご存知ですか。江戸前期の農学者で安芸広島藩で生まれ福岡藩に仕えた農学者で、全国の農家を訪問し「農業全書」をまとめた人物です。

宮崎安貞とは?

高校の日本史の教科書にも登場する、農業においては一番有名な人物ではないでしょうか。宮崎安貞は、1623年(元和9年)に安芸広島藩の武士の子として生まれた人物です。1623年といえば、ちょうど三代将軍徳川家光が、伏見城で征夷大将軍の宣下を受けた年でもあります。

25歳になると山林奉行として福岡藩二代藩主黒田忠之に仕えますが、30歳を過ぎてまもなく職を辞して隠居します。隠居してからは九州や山陽、近畿を巡り歩き、さまざまな老農の経験談を聞き、山林原野の様子や河川の水利を観察しました。

隠居した場所は、筑前国女原村で現在で言う福岡市西区女原に当たります。武士の出身でありながら、一介の農民と同じく郷土の農業改善、民生生活の向上に尽力した人物です。隠居中には、京都の儒学者貝原益軒などとも中国の「農政全書」などを研究します。

農業に関する中国の書物と自らの経験をまとめ上げ「農業全書」を京都で出版し、明治以前の最高の農書と評価され、今では大蔵永常・佐藤信淵とともに江戸期の三大農学者と称されるようになっています。

スポンサーリンク

農業全書とは?

明治以前の農業所としては最も体系的で評価が高い書物です。全11巻あり宮崎安貞によってまとめ上げられました。中国の「農政全書」を参考にしながらも、日本の風土や地理的環境に適合するように執筆されています。

自ら実践してきた長年の体験や、西日本諸国を歴訪して得た見聞をもとに、農作業の効率的な方法や農作物の栽培法などについて詳しく記述されています。「農業全書」がこれ以降の農業に与えた影響は大きく、明治に至るまで何度も増刊されており、現在でも岩波文庫から出版が続けられています。

農民のために生きた日本農学の父

宮崎安貞がまとめ上げた「農業全書」は、西洋の自然科学をもとにした農業が伝わる以前は、日本の農業を大きく発展させるものでした。宮崎安貞の素晴らしい点は、他の農学者と違い、貧困にあえぐ農民の救済がその目的だったことです。

当時の農民の生活水準は非常に低い状況でした。農業の技術水準が低いこともあり、年貢を納めるのとで精いっぱい。そのために、豊かで明るい生活の道をたてられない農民が多いことを嘆き、自ら率先して農民の技術水準が向上するように行動を行ってきました。

漢字が読めない農民にも読みやすいように、すべての漢字に読み仮名をつけたり、イラストをつけることで、字が読めない者への配慮も欠かさず行っています。宮崎安貞は「農民が富まざれば、国富まず」の考え方を貫き「農学全書」を書き上げました。

まとめ

国が潤うためには食が必要です。その食を支える礎となるものが農業です。現在は多くの農作物が海外から輸入されるようになりましたが、やはり自分の地域のすぐ近くの田んぼや畑からとれる農作物は大切なものです。

そもそも、日本の村は農業を柱として成立してきたものです。日本の農業の衰退とともに、日本の社会は激変したと感じます。人と人のつながりが大切な現代。もっと農業に陽の目があたってもいいのではないでしょうか。

FARM Ph ITOSHIMAでは、福岡の偉人「宮崎安貞」が書いた『農業全書』も参考に農作物をつくってみたいと思います。先輩が人生をかけて書き上げた書をもとに、現代に宮崎安貞の想いを再現してみたいと思います。

あわせて読みたい記事

初心者が農業をやるうえで大切なことをまとめてみた
中年の男の子や学生たちが農業を始めるという。荒れ果てた畑を1から作りあげるという。今回は、そんな初心者が農業を始める上で、大切なことをまとめ…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする