三菱総合研究所(MRI)がAIを使った家庭菜園を実証実験!

スポンサーリンク

三菱総合研究所(MRI)は、対話型人工知能(AI)を活用して、家庭菜園の初心者の質問や悩みに24時間即時自動回答するサービスを開発し、この度、国内では初めての実証実験までこぎつけたそうです。すごいですね!実験は4月は始まっています。

三菱総研、家庭菜園の質問に人工知能AIが自動回答するサービス

園芸・庭いじり・ガーデニングを趣味とする人は約3000万人いるそうです。中でも、週1回以上行う人は約1150万人に達すると言われているので驚きです。MRIの調べでは、そのうち野菜栽培をする人が約720万人と推計!お年寄りを中心に、趣味にしている人が多そうですね。

スポンサーリンク

開発の背景

初心者が入門段階で失敗してやめてしまう例が多いということがあったそうです。つまり、家庭菜園・ガーデニングを浸透させていくうえで大きな課題だったわけです。今回の家庭菜園の質問に人工知能AIが自動回答するサービスが普及すれば、初心者の失敗が減り、市場拡大の鍵を握るとも考えられますね。

人工知能AI

対話型人工知能(AI)を活用することで、利用者のあいまいな悩みにも的確に対応し、24時間即時自動回答でかゆいところに手の届く使いやすさを目指しますとのこと。このサービスの実現により、初心者が失敗することなく、楽しく野菜を収穫できるようになっていければいいですね。

人工知能
人工知能とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム。具体的には、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラムなどのことをいう。」とされています。
補足説明を入力する。

おすすめ【高校生と時事】AIとBIってちゃんと理解できていますか?

リーダーシップを発揮するためには、主に右脳を活用することになる。それは技術というより芸術であり、科学というより哲学である。
- スティーブン・R・コヴィー -

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る