自由民権運動とは?(中学歴史)

スポンサーリンク

中学歴史「自由民権運動」国会期成同盟・国会開設の勅諭についてまとめています。

自由民権運動

自由民権運動は、議会政治の実現を目指す運動です。自由民権運動には、女性の参加がみられた。民撰議院設立の建白書の提出後には、板垣退助が土佐で立志社を結成した。立志社や愛国社の設立など、自由民権運動が全国的に広がる。

  • 国会期成同盟…1880年に結成。国会の開設を求める。
スポンサーリンク

民撰議院設立の建白書

征韓論争で敗れ、下野した元参議ら提出。その後、板垣退助が土佐で立志社を結成。これを機に、愛国社なども設立されるなど、自由民権運動が全国に拡大していきます。一方で政府は立憲政体樹立の詔を出し、立憲政治への移行を図りました。

政府

1881年、開拓使官有物払い下げ事件→伊藤博文らは10年後に国会を開くことを約束(国会開設の勅諭)。

政党

板垣退助は自由党、大隈重信は立憲改進党を結成。→政府の弾圧などにより、激化事件が多発→活動休止。

  • 板垣退助…1874年地元の土佐に政治結社、立志社をつくり、当時薩摩藩や長州藩など一部の藩の人間のみが政治を行っていることを批判。
  • 大隈重信…自由民権運動の有力政党として、イギリス流の穏健な立憲政治による政治改革・国権伸張・地方自治の基盤確立などを目標に活動しました。

秩父事件

1884年の、松方財政下では困民党に結集した農民たちが、秩父事件を起こした。秩父事件の前後には、加波山事件、飯田事件など、自由党員を主力とする一連の激化事件がおこっている。

憲法草案の作成

植木枝盛。中江兆民らが草案を作成。

  • 中江兆民…中江兆民が参加した自由党は、政府の弾圧と党内の混乱によって解党した。保安条例によって、ほかの民権家らとともに東京から追放された

このころの出来事

  • 西南戦争…1877年西郷隆盛を中心とした鹿児島の士族らがおこした反乱。徴兵制による政府軍に鎮圧された。
  • 自由民権運動…議会政治の実現を目指す運動。
  • 民選議員設立の建白書…1874年に板垣退助らが政府に提出した国会の開設を求める意見書。
  • 国会期成同盟…1880年民権派の代表が大阪で結成。
  • 国会開設の整備…政府が10年後に国会を開くこと約束。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る