中1数学「正の数・負の数と自然数・絶対値」

スポンサーリンク

中1数学「正の数・負の数と自然数・絶対値」についてです。

  • レベル:基礎
  • 頻出度:定期テスト
  • ポイント:数と整数の違い、絶対値のこと

動画で確認「正負の数・絶対値」中1数学基礎

正の数・負の数

スポンサーリンク

  • 0より小さい数を負の数という。0より2小さい数は「-2」と表し、「マイナス2」と読す。
  • 0より大きい数を正の数という。0より6大きい数は6だが、 「+6」と表すこともあり,「プラス6」と読む。
  • 自然数 1. 2. 3. ……のような正の整数。

正の数・負の数で量を表すこと

たがいに反対の性質をもつと考えられる量は、正の数,負の数を使って表すことができる。たがいに反対の性質を持つ量は,2つのことば を使って表すが、負の数を使うと,その一方の ことばだけで表すことができる。

<例>

  • 「300g 重いこと」を「+300g」で表すとき、「270g軽いこと」は「-270g」と表す。
  • 「5m 低い」ことは、負の数を使って、「一5m 高い」と表すことができる。

絶対値

  • 数直線上で、0からある数までの距離
  • 0の絶対値は0である。

数の大小

  • 正の数は負の数より大きい。
  • 正の数は0より大きく、 絶対値が大きいほど大きい。
  • 負の数は0より小さく、絶対値が大きいほど小さい。

<例>

  • -5の絶対値は5
  • -6、7 の絶対値は 6、7
  • -5と-4の大小関係は,負の数とうしだから,絶対値が大きいほど小さ くなる。 したがって,
  • -5<-4
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする