耕運機はディーゼルタイプとガソリンタイプのどちらがいいの?

スポンサーリンク

耕運機はディーゼルとガソリンどちらがいいの?という素朴な疑問を調べてみました。そうすると、機種によって、ディーゼルとガソリン決まっているようです。そこで、これから耕運機を購入する人は、ディーゼルタイプとガソリンタイプのどちらがいいのか検証してみました。

ディーゼルタイプとガソリンタイプのどちらがいいの?

多くの小型耕耘機は、ほとんどがガソリンタイプとなるようです。大型耕耘機なるとディーゼルとガソリンのエンジンがあります。過半数の人は、ディーゼルのタイプを使っているようです。(独自調査)

スポンサーリンク

タイプ別のメリット・デメリット

ガソリン

<メリット>軽い。エンジンが故障しても修理代が安い。(エンジンに関して)小型である。
<デメリット>ディーゼルより故障しやすい?

ディーゼル

<メリット>燃料費が安い。大型だがパワフルで故障しにくい。
<デメリット>重い。エンジンの故障時には、修理費が高い。

ディーゼル派の意見

日頃のメインテナンスをやり、さらに始業前にエンジンオイルと冷却水、燃料の有無を確認すれば、エンジンを壊すことはない野ではという意見で、故障時に高くつくというデメリットは考えなくてもいいのでは?という意見です。そうそうエンジンは壊れません。また燃料費は、ガソリンに比べてやすいですね。

長年に使用していない場合

ガソリンタイプの耕運機で、1年くらいエンジンをかけないような場合、ガソリンエンジンの方がメインテナンスは面倒とのこと。特に、キャブレターにガソリンを入れっぱなしにしておくと、フロートチャンバーに水が溜まって錆びるとか、ガソリンを吸い上げる部分が腐っているかもしれないので要注意です。その点、ディーゼルタイプは、スムーズに始動してくれる可能性が高いです。

エンジンサイクルを確かめる

エンジンには2サイクルエンジンと4サイクルエンジンがあり、2サイクル=混合ガソリン 4サイクル=ガソリンのみ を使用します。混合ガソリンはガソリンに2サイクル用エンジンオイルを混ぜたものをいいます。

耕運機では25:1の割合が多いです。自分の耕運機はどうなのか必ず調べましょう。作り方は、ホームセンターなどで混合ガソリンを作って運べる容器を売っております。ガソリンスタンドでガソリンを買うわけですが、購入の際は、金属製の携行缶を持ってないと売ってくれません。そして、オイル、軽量カップ、携行缶をホームセンターで買います。25:1とはガソリン5リットルにオイルを200cc入れます。

混合ガソリンはオイルが混ざっているので、耕運機の燃料タンクが空になってエンジンが止まるまで使用して作業を終えるのが原則です。そうしないと、キャブレターの中にオイルが残って詰まってしまうからです。耕運機がどのような常態か分かりませんがかからないかも知れません。

忠告とは雪のようなものだ。穏やかに降るほど、長く消えずに残り、心に染み込んでいく- サミュエル・テイラー・コールリッジ –

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする