中学歴史「江戸時代|交通路の発達と都市の繁栄」五街道・航路

スポンサーリンク

中学歴史「江戸時代|交通路の発達と都市の繁栄」五街道・航路についてまとめています。

交通路の発達と都市の繁栄

  • 道路…五街道など交通路の整備→港、宿場跡、門前町の発達。
  • 海路…江戸と大阪を結ぶ菱垣廻船(木綿やしょうゆ)、樽廻船(酒)。年貢米を運送する東廻り航路、西廻り航路。
  • 三都…「将軍のおひざもと」である江戸、京都、「天下の台所」とよばれた大阪。大阪には、諸藩の蔵屋敷が多く置かれる。都市では、大商人が株仲間をつくり、営業を独占。
スポンサーリンク

西廻り航路と東廻り航路

西廻り航路の整備により敦賀・新潟・酒田などが栄えた。東廻り航路によって、東北地方の米を大坂を経ずに江戸に運ぶことができるようになった。

江戸

江戸は政治の中心として、「将軍のお膝元」とよばれ、大坂は業都市として発展して「天下の台所」といわれた。また、京都では手工業生産が発達した。北陸の金沢は、近世に大名・前田氏の城下町として栄えた都市であり、明治初期には日本海側で最大の人口を擁した。松江は近世に発展した都市であり、石見大森銀山のあった島根県の都市でもある。

蔵屋敷

蔵屋敷は、幕府や藩が年貢米や特産品を保管し、売りさばくために設けたもので、蔵元と呼ばれる役人が派遣されて事務を行いました。蔵屋敷は、江戸や 敦賀などにもありましたが大阪が最も多く、19世紀には120あまりの蔵屋敷が並んでいました。大阪には、東北や北陸地方から米や木材が、西日本各地からは、あい、塩などの特産品が、海路で送られてきました。それらの商品は大阪で取り引きされ、各地に運ばれていきました。

大商人の登場

都市には大商人があらわれました。

株仲間

株仲間は、問屋・仲買(卸売業者)などの大商人がつくった同業者の組合です。幕府の許可を得て営業を独占し、仲間うちで商品の値段を決めたり、買いしめたりして利益を得ました。

両替商

両替商は、金貨と銀貨を交換する業者で、おもに大阪、江戸、京都で発達しました。三井や鴻池のように大名に金を貸しつける有力な商人もあらわれました。東日本では金貨が、西日本では銀貨が主に流通していたため、両替商が必要とされました。

江戸時代の復習

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る