糸島の休耕地の雑草処理スタート!奮闘記その1

スポンサーリンク

福岡県糸島市小金丸にFARM Ph ITOSHIMAの農地があります。この農地は7年間放置されていて、草が生い茂る荒れた農地になっています。今回からこの農地を復活させるべくFARM Ph ITOSHIMAは継続的に作業に取り掛かりました。

糸島市小金丸の休耕地

前の土地の所有者が亡くなられて7年間手が付けられていない休耕地で、外から見てもその荒れようはひどいものです。セイタカアワダチソウやススキなどもずらりと生えそろっており、これからの作業が気が遠くなりそうです。

下の写真が現状です。とりあえず見えている背が高い雑草を根から抜き取ってみることにしました。セイタカアワダチソウは地表に見えている植物体だけを取り除いても意味がないということですが、出来る限り根ごと引っこ抜く作業を行いました。

志摩小金丸1

スポンサーリンク

セイタカアワダチソウの処理

これから休耕地を耕していくのですが、はっきり言って農業の「の」の字も知らないような農業初心者が作業をしていくのですが、出来る限り農薬や肥料を使わない自然農法で作物をつくっていきたいと考えています。

また、「手作業でやったら」「昔に書かれた書物通りにやってみたら」「耕し方を変えてみたら」などなど様々な実験も行っていきたいと考えています。みなさまから「こんないい方法がある」とご意見や助言もいただければ、われわれにとって非常に大きな力となりますので、どんどんご意見をお聞かせください。

とりあえず今回のミッションは、おおきな雑草を引っこ抜くこと。それが終われば次週は草を刈り耕すところまでもっていきたいと考えています。とはいってもセイタカアワダチソウの根のしつこさときたら大変なものがあります。

雨が十分に降ったぬかるみの中の作業になりましたが、なかなか根が抜けません。地表に出ている部分は一見枯れているようですが、地下にある根はまだしっかりと生きているようです。枯れたセイタカアワダチソウと同じ株から、新しいセイタカアワダチソウが次々と生えてきています。

作業は午前9時半くらいから開始したのですが、わずかな面積の農地の雑草を処理するのに、2時間を費やしました。とりあえず農地を復活させるという固い決意だけ持ってきたので、十分な道具を準備していません。手作業で行う大変さが十分に体験できました。

明治時代に北海道の警備と開拓にあたった兵士「屯田兵」は、もっと過酷な状況下でもっと大変な作業を連日行っていたんだとつくづく感じます。作業後の様子は下の写真の通りです。あんまり変わってないではないかと突っ込まれそうですが、自分たち適には十分に変化したつもりです。

糸島小金丸2

今後もこんな調子で休耕地の開墾を続けていきたいと思っています。

FARM Ph ITOSHIMAの休耕地復活計画

こんな農地がまだまだ沢山あります。すべて上記のような状況で、復活させるには相当な時間が必要なようです。できるだけ自分たちだけの力で復活させたいのですが、可能ならば地元の役場などとも協力しながら農地の復活を図りたいと考えています。

農業に興味がある方や、農業を始めようと思っている方など一緒に作業してみませんか。農地はまだまだ沢山あります。気軽にご連絡ください。

次回のFARM Ph ITOSHIMAの休耕地復活計画

次回は草刈です。雑草が生えないようにするにはどのように生い茂る草を処理すればいいのか、自分たちなりに勉強して臨みたいと思います。

倉庫に眠る農機具たちも使えるのか試していきたいですね。クワを使って根を掘り起こしたりしたのですが、全身筋肉通です。耕運機が使えないかこちらも調べてみたいと思います。

あわせて読みたい記事

福岡県の農業の偉人、宮崎安貞がかいた『農業全書』に関する記事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする