▶ YouTube授業動画もやっています

中学公民「社会生活ときまりの一問一答」

スポンサーリンク

社会生活ときまりの一問一答

次の問題に答えなさい。

1 家族,地域社会,学校,部活動,会社など、社会生活の単位を何といいますか。
2 いろいろな社会集団に属している人間は,どのような存在といわれますか。
3 対立が生じた場合、たがいに話し合って意見を調整しながら、最終的にみんなが受け入れられる解決策を決めることを何といいますか。
4 みんなが納得できる合意を得るために大切なみんなの時間やお金,もの,労力などを無駄なく使うという考え方を何といいますか。
5 社会生活を円滑に営むためにつくられる、規則,ルール,契約,条約などをまとめて何といいますか。
6 一人でも反対するとうまく解決できない場合に採用される採決のしかたを何といいますか。
7 一定の結論を出さなければならない場合に採用される少数意見の尊重が大切な採決のしかたを何といいますか。

社会生活ときまりの一問一答解答

1 社会集団

2 社会的存在

社会的存在は、人間は家族,学校,地域社会,会社,国家などさまざまな社会集団に属しているため,社会のルールを身につけ,そのルールを守ることで生きていくことができる。

3 合意

4 効率

5 きまり

慣習,道徳,法もきまりである。

6 全員一致

7 多数決

慣習…ある社会で、長い間にみんなに認められるよになったならわしやしきたり。
道徳…ある社会で、人々がそれによって善悪・正邪を判断し、正しい行いをするための規範。
法…社会生活を維持し統制するために、強制力を持って行われる規範。憲法,法律,条例など。
契約…あるものごとについて、おたがいの権利をも たらすように納得のうえで結ぶ約束義務を負うことになり、守らないと責任が問われる。

確認中学公民「社会集団ときまりの重要ポイント」

コメント