木戸孝允とは?(中学歴史)

スポンサーリンク

木戸孝允

木戸

  • 長州藩の出身で、明治時代初期の政治家。
  • 若いころは、桂小五郎と名乗っていた。
  • 吉田松陰のもとで学んだ。
  • 西郷隆盛らと薩長同盟を結ぶなど、倒幕運動で活躍。
  • 明治政府の中心人物であり、明治維新後は版籍奉還などを行った。
  • 岩倉使節団に参加し、海外の産業・文化を学んだ。
岩倉使節団
岩倉具視を全権大使として、木戸孝允・大久保利通らが欧米を視察。不平等条約の改正には失敗。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る