建武の新政とは?

スポンサーリンク

建武の新政

後醍醐天皇が行った新しい政治。公家(貴族)中心の政策だったため、武士が不満をもち、足利尊氏が兵をあげました。建武の新政は2年ほどで失敗。

  • 鎌倉時代の滅亡…後醍醐天皇が兵をあげ、楠木正成や足利尊氏らが加わり、鎌倉時代を滅ぼしました。
  • 南北朝の動乱…後醍醐天皇は吉野にのがれ(南朝)、足利尊氏は新たに天皇をたてて(北朝)で対立。全国の武士が2つに分かれて戦う約60年にわたって南北朝時代になりました。
  • 守護大名…一国を支配する領土となった守護。南北朝の動乱の間に成長。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る