鎌倉時代の産業の発達まとめ

スポンサーリンク

鎌倉時代の産業の発達

<農業>
牛や馬を使った工作や、鉄製の農具の使用が広まります。米を作ったあとに麦をつくる農業の二毛作も始まりました。裏作は、麦が中心でした。肥料の改良もされ、刈敷や草木灰を使用。商品作物が誕生しました。

<商業>
毎月決まった日に市(定期市)が開かれるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る