中学歴史「日本の開国から倒幕までのまとめ」

スポンサーリンク

中学歴史「日本の開国」日米和親条約・尊王攘夷運動・薩長同盟についてまとめています。

日本の開国

日本は、開国によって、貿易を開始します。オランダ・ロシア・イギリス・フランスとも条約を結ぶ貿易を開始です。最大の貿易港は横浜。貿易の相手国はイギリスが中心。開国の影響があり、物資の不足や金貨が大量に国外流出ことなどから物価が上昇した。自由な貿易の開始は日本の経済に大きな影響を与えた。

スポンサーリンク

日米和親条約

1854年にアメリカのペリーと結び開国。

  • 日本はアメリカに対して燃料や食料を提供する
  • 船や乗務員を保護する
  • 下田・箱館(函館)の2港を開港する
  • 領事の駐在を認めること
  • 日本が他の国と結んだ条約の中で有利な条件は自動的にアメリカにも与える最恵国待遇を認める

日米修好通商条約

1858年にハリスと結ぶ。外国人の犯罪を日本の法律で裁けない、関税を日本側だけで決められないといった、日本側に不利な項目もありました。つまり、アメリカに領事裁判権を認め、日本に関税自主権がない不平等条約。

倒幕までの流れ

尊王攘夷運動

水戸藩(茨城県)などの武士を中心に、外国人を追いはらえという攘夷論と天皇の権威を高めようとする尊王論とが結びついて、天皇を尊び外国を排除しようという運動。幕府の外交への反発→大老井伊直弼が安政の大獄で尊王攘夷派を処罰→1860年桜田門外の変→幕府は公武合体策を進める。

桜田門外の変

安政の大獄に反発した水戸藩の浪士たちが井伊直弼を暗殺。幕府は朝廷との融和を図る公武合体政策を進めました。

世直し一揆

ええじゃないかがおこる。

復古神道

幕末、百姓一揆や打ちこわしが続発する中、復古神道が地方の民衆の間に広まった。復古神道は人々の意識を変え、国民意識を高めた。

薩長同盟

1866年。長州藩の木戸孝允と薩摩藩の西郷隆盛、大久保利通らが、土佐藩の坂本龍馬の仲介で結ぶ。

大政奉還

1867年、第15代将軍徳川慶喜が政権を朝廷に返上。江戸幕府の終わり。→岩倉具視などにより王政復古の大号令。

戊辰戦争

旧幕府軍と新政府軍の戦い→新政府軍の勝利。旧幕府が降伏。700年近く続いた武士の政治が終わった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る