【中学地理】日本地図を使った練習問題

シェアする

日本地図を使った練習問題

次の略地図と次の文章を読んで、各問に答えなさい。
日本地図問題

日本列島は国土の約4分の3が山地である。人々のおもな生活舞台は、 川が山地から平野に出るところに形成された扇状地や( A )を含む沖積平野、河岸段丘、砂浜海岸などの平地、あるいは山地に囲まれた盆地などである。それらの地形のところには多くの人々が住み、都市が発達してきた。

問1 ( A )にあてはまる語句は、河口付近で見られる地形である。漢字3文字で答えなさい。
問2 略地図中の「ア」は川、「イ」は平野である。この川と平野の正しい組み合わせを、次のア~エの中から1つ選び、記号で答えなさい。

ア 信濃川と濃尾平野
イ 熊野川と大阪平野
ウ 信濃川と十勝平野
エ 利根川と讃岐平野

問3 略地図中の△印は、( B )工業のコンビナートがあいついで建設されたところである。その多くは太平洋ベルトとよばれる地域に分布している。Bにあてはまる適語を、次のアからエの中から1 つ選び,記号で答えなさい。

ア 石油化学
イ 金属化学
ウ 機械化学
エ 繊維化学

スポンサーリンク

日本地図を使った練習問題の解答

問1 三角州
問2 ウ
問3 ア

関連➊中学地理「日本の産業|農業・林業・水産業・工業」まとめ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る