【中学歴史】縄文時代

シェアする

スポンサーリンク

縄文時代

縄文時代は、日本列島が形成されていった時代で、今から約1万年前に、海面が上がり、大陸と切り離されて現在の日本の列島ができました。狩りや採集で食料を手にしていた時代です。

スポンサーリンク

縄文時代の人々の生活

縄文時代の人々は、共同でたて穴住居にすみ、縄文土器を食べ物の調理などに使っていました。道具は石や木や骨などでつくりました。人々が食べたあとの貝殻などが捨てられてできた貝塚やいのりに使われた土偶から生活の様子がわかります。

  • 縄文土器…低温・黒褐色・厚手・もろい
  • 弥生土器…高温・赤褐色・薄手・固い

三内丸山遺跡

三内丸山遺跡は、青森にある約5500年前から約1500年間続いた集落のあとです。広さは東京ドームの約7.5倍です。多い時には約500人の人々が住んでいたといわれています。大型のたて穴住居は、集会所や共同作業所として使われたと考えられています。

  • 三内丸山遺跡(青森県)…巨大な集落、栗の栽培など原始的な農耕
  • 大森貝塚(東京都)…モース(アメリカ人動物学者)が発見。考古学発祥の地とされます。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る