糸島で農業を学ぶ。糸島農業高校に進学するという選択

スポンサーリンク

糸島で農業を学びたい中学生は、糸島農業高校に進学するという方法もあります。糸島農業高校、通称「糸農」では、何を学んでいるのでしょうか。少し調べてみました。

糸島農業高校

  • 「い」 ~ いつも明るく元気な挨拶ができる学校 ~
  • 「と」 ~ 友達や先生との絆を大切にする学校 ~
  • 「の」 ~ 農業で地域活性化に取り組む学校 ~
  • 「う」 ~ 美しい日本の心を耕す学校 ~

をモットーに農業を学んでいる糸島市前原西三丁目2番1号 にある福岡県立の学校です。

スポンサーリンク

設置学科

  • 農業技術科
  • 農業経済科
  • 食品科学科
  • 生活科学科

と4つの学科が設置されています。少し詳しく見てみましょう。

農業技術科

農業後継者及び技術者の育成を目的とし、農業生産及び農業経営に関する専門的な知識・技術並びに生物工学や情報処理に関する基礎的な知識・技術を学びます。具体的には、自動制御温室でメロンやシクラメンの栽培、また、ウシの飼育や最先端の生物工学技術による組織培養等の実験・実習が中心。

農業経済科

農業生産に関する基礎的な知識・技術、農産物や農業資材等の流通経済及び情報処理に関する知識・技術を学びます。具体的には、自動制御温室でメロンやシクラメンの栽培、また、ウシの飼育や最先端の生物工学技術による組織培養等の実験・実習が中心

食品科学科

農業に関する基礎的な知識・技術及び食品に関する専門的な知識・技術を学びます。各種資格試験にチャレンジし、ケーキ店、パン店、料理店などへの現場実習もできます。

生活科学科

農作物の生産から消費の体験を通して、地域社会の農業・家庭生活に対応できる知識・技術を習得させ、農業とそれに関する業務の従事者に対する理解を深めます。また、介護体験や保育実習など、将来の進路に結びつく学習もします。

糸島農業高校の概要

明治35年に創立され、創立100年を越える学校。卒業生も多くの分野で活躍しています。この伝統ある歴史を受け継ぎ、「みんなが生き生きと活動し、入学して良かったという学校づくり」を目指し、生徒諸君の進路実現に向けて「明るく元気な糸農」をスローガンに学校づくりに取り組んでいるとのこと。

「夢」や「希望」が持てる学校を目指し、充実した施設・設備の中で、全員の進路実現に向けて、個性を大切に「生きる力」を育む教育に取り組んでいる学校と言えます。

糸農の特色

「夢活(ユメカツ)」として、学校側で作成した「進路の手引」を使用して、1年次から3年間を見通して段階的・計画的に進路学習があります。

まとめ

以上のように、糸島農業高校では、高校生の内からあらゆる方面から農業に携わることができます。高校卒業にむけた進路指導も充実しており、農業に関心のある学生にとっては、1つの選択肢になるうるのではないでしょうか。

『お米を与えてくれれば、今日、食べる事が出来る。
育て方を教えてくれれば、毎日、食べる事が出来る。』
- マハトマ・ガンディー -

あわせて読みたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする