中学歴史「明治維新まとめ」

スポンサーリンク

中学歴史「明治維新」についてまとめています。

明治維新

江戸幕府の幕藩体制から明治の近代国家へと移る際におきた、政治、経済、社会の変化のこと。江戸を東京と改称。富国強兵は、欧米に対抗するため、経済を発展させて国力をつけ軍隊を強化。明治維新を遂行した中心人物に、西郷隆盛大久保利通木戸孝允がいる。

スポンサーリンク

五箇条の御誓文

明治政府による新しい政治の方針。天皇が神に誓うという形で出される。

  1. 広く会議を開いて、すべての政治は、世論に従い決定するべき
  2. 治める者と人民が心をひとつにして 盛んに国家統治の政策を行うべき
  3. 公家と武家が一体となり、庶民にいたるまで、志をとげ、人々の心をあきさせないことが必要
  4. 古い悪習を破り 国際法に基づくべき
  5. 知識を世界に求め、おおいに天皇政治の基礎を盛んにすべき

中央集権国家への道のり

1869年の版籍奉還で藩主に土地と人民を天皇に返させる→1871年廃藩置県により、藩を廃止して県を置き、中央から県令を派遣。中央政府は薩摩、長州、土佐、肥前の出身者が大多数の藩閥政府。

身分制度の廃止

百姓、町人を平民とする。差別されてきた人々の身分を廃止し、平民とする解放令も出される。

明治維新の三大改革

学制、徴兵令、地租改正をいいます。

学制

1872年公布。学校制度の創設。義務教育の制定。学校の建設費や授業料は地元で負担。当初は就学率が低かった。

徴兵令

1873年公布。近代的な軍隊をつくる目的で、満20歳以上の男子に対する義務とした→徴兵反対一揆。

徴兵令とは?(中学歴史)
徴兵令 政府は、長州藩出身の大村益次郎、山川有朋らを中心に近代的軍隊をつくる準備を進め、1873年に徴兵令を出しました。この徴兵制は、重税…

地租改正

1873年公布。税制を整えて国家財政を安定させる目的。

土地の所有者と価格(地価)を決めて地券を発行する。→地価を基準にして,地価の3%を地租として徴収する。→地租は、土地の所有者が現金で納める。→江戸時代の年貢の負担と変わらず、地租改正反対一揆がおこる→1877年、地組を地価の2.5%に引き下げる。

文明開化

欧米の文化が取り入れられ、都市を中心として伝統的な生活が変化し始めたこと。

  • 神戸・横浜など開港地から新しい文化が広がる。
  • 役所・学校などで、レンガ造りの欧米風の建物が増える。
  • 道路には人力車・馬車が走り、ランプやガス灯がつけられる。
  • 洋服やコート、帽子が流行し、牛肉を食べることが広がる。
  • 太陽暦が採用され、1日24時間、1週間を7日となる。
文明開化とは?(中学歴史)
文明開化 近代国家をつくるために、欧米の文化を積極的に取り入れたことで見られた伝統的な生活や文化の変化。文明開化は大都市に限られ、農村では…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る