中1数学「一次方程式文章題①代金・個数の問題」演習・解説

スポンサーリンク

中1数学「一次方程式文章題①代金・個数の問題」演習・解説です。

  • レベル:基礎
  • 頻出度:定期テスト・実力テスト
  • ポイント:文章通り立式する

一次方程式文章題①代金・個数の問題

次の問いに答えなさい。

  1. ある数の2倍に6を加えた数は、もとの数より20大きい。ある数を求めなさい。
  2. ある数と8との和は12からもとの数をひいた差に等しい。ある数を求めなさい。
  3. ある数と2の和の3倍は、もとの数から8ひいた数に等しい。ある数を求めなさい。
  4. ある数χの3倍から3をひいた数が、χの2倍と6との和に等しくなる。ある数を求めなさい。
  5. 大小2つの数があり、和は24で、差は8である。2つの数を求めなさい。
  6. あおきさんのクラスの生徒は36人で、男子の人数は女子の人数より4人多いという。あおきさんのクラスの女子の生徒数を求めなさい。
  7. ひさし君とお兄さんのこづかいの合計は5000円で、お兄さんの方がひさし君より1000円多いという。ひさし君のこづかいを求めなさい。
  8. 1個10円のアメと1個12円のアメを合わせて20個買って、ちょうど210円にするには、1個10円のアメは、何個買えばよいか。
  9. 1個150円のお菓子と1個60円のお菓子を合わせて14個で、ちょうど1650円にするには、1個150円のお菓子は、何個買えばよいか。
  10. 50円切手と80円切手を合わせて26枚買ったところ、代金が1840円であった。50円切手は何枚買ったか求めよ。
スポンサーリンク

解答

  1. 14
  2. x=2
  3. x=-7
  4. x=9
  5. x=16
  6. 16人
  7. 2000円
  8. 15個
  9. 9個
  10. 8枚

動画で確認

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする