中3数学「平方根の意味」概念を理解しよう!

スポンサーリンク

中3数学「平方根の意味」概念を理解しよう!についてまとめています。

  • レベル:基礎~標準
  • 頻出度:定期テスト・私立入試
  • ポイント:概念をきっちり理解する

平方根の意味

  1. 平方根とは、「2乗するとaになる数」、つまりx2=aを成り立たせるxの値をの平方根という。例えば、16の平方根は、±4である。
  2. 中学数学において、2乗して負になる数はない。よって負の数の平方根は考えなくてよい。例えば、-16の平方根は、存在しない。2乗すると必ず正になってしまうから。
  3. 0の平方根は0
  4. 平方根が整数で表せないときは、√(根号といいルートと発音)をつかう。たとえば、3の平方根は、±√3である。このことから、√には性質があり、√の中が同じものを2つかけると、√の中の整数となることもわかる。

練習問題1

次の問いに答えなさい。

  1. 9の平方根を答えよ。
  2. 25の平方根を答えよ。
  3. 0の平方根を答えよ。
  4. 5の平方根を答えよ。
  5. 16の平方根のうち正の整数を答えよ。
スポンサーリンク

解答

  1. ±3
  2. ±5
  3. 0
  4. ±√5
  5. 4

練習問題2

次の問いに答えなさい。
平方根標準

答えは動画で確認

あわせて確認

以上が、中3数学「平方根の意味」概念を理解しよう!となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする