元寇とは?

スポンサーリンク

元寇

モンゴルのフビライ・ハンが大都(現在の北京)を都とて建国したのが元です。その元が、二度にわたって北九州に攻めてきたできごとを元寇といいます。執権の北条時宗は、武士を集めて経ちました。

元寇の戦法
集団戦術で「てつはう」と呼ばれる火薬兵器を使いました。

文永の役と弘安の役の間には、異国警固番役制度化したり、博多湾に石塁(防塁、石築地)を設置したり対応。元寇の様子は、肥後の御家人竹崎季長が、自分の活躍を描かせ、見事恩賞を勝ち取った『蒙古襲来絵巻』からわかる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る