中学英語「命令文の重要ポイント」

強い表現である「命令文」について学習します。命令文のつくり方、禁止の表現や、依頼の表現もあわせて確認しておきましょう。

スポンサーリンク

命令文とは

命令文は「〜しなさい」という意味の強い表現になります。また、禁止の表現である「〜するな」や、依頼の表現である「〜してください」勧誘の表現である「〜しましょう」なども命令文に含まれます。

そして、命令文の最大の特徴は、禁止の表現、依頼・勧誘の表現も含めて、主語がないことです。主語を省略して、動詞を強調させることで、その動作を行わせる強い表現になるのが命令文なのです。

命令文の種類

命令文には命令の表現である「~しなさい」、禁止の表現である「~するな」、依頼の表現である「~してください」「~しましょう」があります。

  • 命令「~しなさい」
  • 禁止「~するな」
  • 依頼「~してください」
  • 勧誘「~しましょう」
スポンサーリンク

命令文のポイント

命令文の最大のポイントは、主語を省略して動詞で英文が始まることです。また、命令の他の表現についてもポイントがあります。

命令文のポイント
❶命令の表現「~しなさい」は、一般動詞の原形、be動詞の原形で始める。
❷禁止の表現「~するな」は、文頭に「Don’t+動詞の原形」を付ける。
❸依頼の表現「~してください」は、文頭に「Please+動詞の原形」を付ける。
❹勧誘の表現「~しましょう」は、文頭に「Let’s+動詞の原形」を付ける。

❶命令「~しなさい」

主語を省略して「動詞の原形+… 」の形にします。動詞を強調し、その動作をするように促します。「am、is、are」などのbe動詞の場合は、その原形である「Be」を文頭に持ってきます。

一般動詞の場合

  • 肯定文:You speak English. 「あなたは英語を話します。」
  • 命令文:Speak English. 「英語を話しなさい。」

be動詞の場合

  • 肯定文:You are careful. 「あなたは気を付けます。」
  • 命令文:Be careful. 「気を付けなさい。」

❷禁止「~するな」

主語を省略して「Don’t+動詞の原形」 の形にします。さらに禁止の意味を強めたい場合は「Never+動詞の原形」の形にして、「二度と~するな」という表現を使います。また、be動詞の文でもDon’tを使います。

また、「Don’t~」は「must not~」に書き換えることができます。

一般動詞の場合

  • 否定文:You don’t speak English. 「あなたは英語を話しません。」
  • 命令文(禁止):Don’t speak English. 「英語を話すな。」
  • 命令文(禁止):Never speak English. 「英語を二度と話すな。」
  • must not :You must not speak English.

be動詞の場合

  • 否定文:You are not angry. 「あなたは怒っていません。」
  • 命令文(禁止):Don’t be angry. 「怒るな。」
  • 命令文(禁止):Never be angry. 「二度と怒るな。」

❸依頼「~してください」

主語を省略して「Please+動詞の原形」 の形にします。また、Pleaseを文末に持ってくる場合もあります。

  • 肯定文:You open the door. 「あなたはドアを開けます。」
  • 命令文(依頼):Please open the door. 「ドアを開けてください。」
    Open the door, please.

命令文「Please~」よりも丁寧な依頼の仕方

  • Can you~?
  • Will you~?
  • Could you~?
  • Would you~?

それぞれニュアンスが異なりますが、ここでは説明は割愛します。

❹勧誘「~しましょう」

主語を省略して「Let’s+動詞の原形」 の形にします。また、「Let’t~」より、丁寧な言い方として「Shall we ~?」という表現もあります。

  • Let’s play soccer. 「サッカーをしましょう。」
  • Shall we play soccer? 「サッカーをしませんか。」

コメント

テキストのコピーはできません。