中学英語「助動詞could」canの過去形・Could you ~?・確信度が低い推量

シェアする

スポンサーリンク

中学英語で登場する助動詞「could」について学習します。

助動詞「could」

could」は助動詞「can」の過去形です。なので意味は「~することができたになります。しかし、その他にもいろいろな意味で使われます。

  • I could run very fast years ago. 「私は昔、とても速く走ることができました。」
  • Could you open the door?  「ドアを開けていただけますか。」
  • It could rain this afternoon. 「今日の午後、雨が降るかもしれない。」

「~していただけますか」丁寧な依頼、「~かもしれない」確信度が低い推量などの意味でも使われます。

助動詞「could」のポイント

助動詞「could」のポイントは次の通りです。

couldのポイント❶canの過去形として使うcould「~することができた」
❷「Could you ~?」で丁寧な依頼「~していただけますか」
❸最も確信度が低い推量「~かもしれない」
スポンサーリンク

❶canの過去形could

助動詞「could」は「can」の過去形です。意味は「~することができた」「~する能力があったになります。助動詞ですので、「could」のあとは動詞の原形がきます。また、否定文にするには、「could」の後に「not」を付けます。疑問文にするには、助動詞「could」を文頭に持ってきて、文末に「?」をつけます。

  • I could run very fast years ago. 「私は昔、とても速く走ることができました。」
  • I could not pass the examination. 「私は試験に合格できなかった。」

「can」は「be able to」と書き換えができるので、could」の場合は「was(were) able to」に書き直すことができます。

  • I’m able to run very fast years ago. 「私は昔、とても速く走ることができました。」
  • I was not able to pass the examination. 「私は試験に合格できなかった。」

❷丁寧な依頼「Could you ~?」

相手に丁寧に何かを依頼する場合、Could you ~?」という表現が使われます。日本語にすると「~していただけますかというとても丁寧な言い方になります。「Can you ~?」よりもかなり丁寧です。

  • Could you open the door?  「ドアを開けていただけますか。」
  • Could you tell me the way to the station? 「駅までの道を教えていただけますか。」

「Would you ~?」も丁寧な依頼でしたが、「Would you ~?」は意思を聞いているのに対し、「Could you ~?」は能力を聞いています。

❸確信度が低い推量「~かもしれない」

この推量ですが、助動詞のほとんどが推量の意味「~かもしれない」という意味を持っています。その中でも「could」は、最も確信度が低い推量です。

「must」にも推量の意味がありましたが、「~にちがいない」と、かなり確信度は高いです。「will」にも推量の意味があります。「~だろう」と、「must」よりも確信度は低くなります。「should」にも推量の意味があります。「~するはずだ」と、「will」よりも更に確信度は下がります。「may」にも推量の意味があります。「~かもしれない」と、さらに確信度が下がり、もっとも確信度が低い推量が「could」です。

  • It could rain this afternoon. 「今日の午後、雨が降るかもしれない。」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る