中学英語「助動詞must」have toとの違いや否定の意味

スポンサーリンク

中学英語で学習する助動詞「must」について学習します。

助動詞「must」

助動詞の「mustは、「~しなければならない」「~にちがいないなどと訳します。強い使命や義務、推量などを表す助動詞です。使い方は助動詞「can」と同じです。

主語+must動詞の原形

  • I must get up early. 「私は早く起きなければならない。」
  • You must clean your room.  「あなたは部屋を掃除しなければならない。」
  • She must be rich.  「彼女は金持ちにちがいない。」

助動詞「must」のポイント

助動詞「must」のポイントは次の通りです。

mustのポイント!❶「must」と「have to」の書き換え
❷「must not」と「don’t have to」の違い
❸「must」の過去形
❹「must」の疑問文に対する答え方
スポンサーリンク

❶「must」と「have to」

「must」と同じ「~しなければならない」という意味でつかわれるのがhave toです。日本語に訳したときは同じ訳になりますが、意味は少し異なります。

「must」は話し手の意思が非常に強く、使命を表します。一方の「have to」は外部の状況でしなくてはならない状態で、必要性の意味が強いです。

  • I must study English hard. 「私は英語を一生懸命勉強しなければならない。」
  • I have to go there. 「私はあそこに行かなくてはならない。」

肯定文の場合は、さほど違いは見られません。

❷「must not」と「don’t have to」

否定文のときに、大きな違いが見られます。must notmustn’t)」では、「~してはならない」という禁止の意味になりますが、don’t have to」では、「~しなくてよい」「~する必要はない」という意味になります。

  • You must not go there. 「あなたはあそこに行ってはならない。」
  • You don’t have to go there. 「あなたはあそこに行かなくてよい。」

❸「must」の過去形「had to」

助動詞「must」に過去形はありません。ですので、「have to」の過去形had toを使って過去の状況を表します。

  • 現在:I must study English hard. 「私は英語を一生懸命勉強しなければならない。」
  • 過去:I had to study English hard. 「私は英語を一生懸命勉強しなければならなかった。」

❹「must」の疑問文と答え方

助動詞「must」を疑問文にするには。「must」を文頭に出し、文末に「?」をつけるだけです。

Must+主語+動詞の原形 ~?

  • 質問:Must I study English now? 「今英語を勉強しなければなりませんか。」
  • 回答:Yes, you must./ No, you don’t have to.

「No, you must not.」にすると、「いいえ、勉強してはならない。」という回答になり、意味がおかしくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る