中学英語「現在進行形のポイント」

シェアする

中学英語で学習する現在進行形について学習します。現在形と現在進行形の違い、~ing形のつくり方、現在進行形の肯定文・否定文・疑問文のつくり方について学習していきます。

現在進行形とは

現在進行形とは、その動作が途中の状態にあることを意味するものです。日本語訳にすると、~しています。」「~しているところです。という意味になります。be動詞の後に、一般動詞のing形をつけます。

be動詞一般動詞のing形

  • I am playing tennis now. 「私は今テニスをしています。」
  • He is studying English now. 「彼は今英語の勉強をしています。」
スポンサーリンク

現在形と現在進行形の違い

現在形は、普段の習慣不変の事実などを表すときに使います。日本語で考えると、「これまでも、これからも~する」という意味になります。

  • She helps her mother. 「彼女は母を手伝います。」
    ※いつもの習慣として、手伝っているんですね。

一方の現在進行形は、今やっている動作を表すときに使います。まさに動作の途中です。日本語で考えると、「ちょうど今~していて、やめようと思えばすぐにやめることができるよ」という意味になります。

  • She is helping her mother now. 「彼女は今母を手伝っています。」
    ※普段はわかりませんが、今は手伝っているんですね。

現在進行形のポイント

現在進行形には、次の4つのポイントがあります。

現在進行形のポイント
❶一般動詞にingを付ける方法4パターン
❷現在進行形の否定文のつくり方「be動詞にnotを付けるだけ!」
❸現在進行形の疑問文のつくり方「be動詞を文頭に出すだけ!」
❹今何をしているのか尋ねる「What are you doing now?」

❶一般動詞にingを付ける方法

一般動詞を進行形にする場合、「~ing」という形にします。動詞のつづりによって付け方が変わるので、次の4つのパターンを覚えてください。

ほとんどの動詞

動詞の原形の後にそのまま「ing」をつけます。

  • read → reading
  • study → studying
  • play → playing

語尾が「e」の動詞

語尾の「e」を消して「ing」をつけます。

  • come → coming
  • have → having
  • take → taking

ただし、例外もあります。「be → being」「see →seeing」は語尾の「e」を消しません。

語尾が「ie」の動詞

語尾の「ie」を「y」に変えて「ing」をつけます。

  • die → dying
  • lie → lying

語尾が「短母音+子音字」の動詞

語尾の子音字を重ねて「ing」をつける

  • get → getting
  • run → running
  • swim → swimming

短母音とは、音を伸ばしたり重ねたりせず、短く「ア・イ・ウ・エ・オ」と読む母音のことです。playの場合は「ay」のところは[エイ]という二重母音の発音になります。短母音ではないため最後の子音を重ねません。

❷現在進行形の否定文

進行形を否定文にするには、be動詞のうしろにnotを入れるだけです。

主語+be動詞not動詞のing形

  • 肯定文:He is studying English now. 「彼は今英語を勉強しています。」
  • 否定文:He is not studying English now. 「彼は今英語を勉強していません。」

❸現在進行形の疑問文

進行形を疑問文にするには、be動詞を文頭に出して、文末に「?」を付けるだけです。

be動詞+主語+動詞のing形 ~

  • 肯定文:He is studying English now. 「彼は今英語を勉強しています。」
  • 疑問文:Is he sytudying English now? 「彼は今英語の勉強をしていますか。」

❹今何をしているのか尋ねる

今何をしているのかをたずねるとき、疑問詞の「What」を使って次のように質問します。

Whatbe動詞+主語+doing~?

  • What are you doing now? 「あなたは今何をしていますか。」
  • What is he doing now? 「彼は今何をしていますか。」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る