中学歴史「江戸時代の農業・産業の発達」新田開発・商品作物

スポンサーリンク

中学歴史「江戸時代の農業・産業の発達」新田開発・商品作物についてです。

江戸時代の農業

近世中期以降、農民たちは、茶・漆・桜・紅花・藍などの四水ニ草とよばれる商品作物の生産に力を入れるようになった。近世の農業では箱根用水が造られ、多くの耕地に灌漑用水を供給した。

  • 農業…新田開発による農地拡大。
スポンサーリンク

農具の発達

備中ぐわ、千歯こきなどによる生産力増加→あさ,綿などの商品作物の栽培。

江戸時代の経済

幕府は、金貨や銀貨、銭座で寛永通宝などの貨幣を鋳造→東日本では金、西日本では銀が流通→両替商の繁栄。

  • 商品作物…九十九里浜のいわし漁→肥料の宇幅に加工など。
  • 西木三草と特産物…四木三草の栽培が広まった。また、海外から伝えられたさつまいも・じゃがいも・ かぼちゃ・とうもろこし・すいかなども栽培されて特産物もでき、商品として売買されるようになった。
  • 養蚕…養蚕もすすんで生糸は国内生産でまにあうようになった。また、木綿生産の拡大によって, 民衆の衣料は麻から木綿に代わった。

江戸時代の鉱業

鉱業は、鉱山の採掘、精錬技術から進み、佐渡銀山(新潟市)、生野銀山(兵庫県)、石見銀山(島根県)、別子銅山(愛媛県)、足尾銅山(栃木県)など鉱山の開発が進み、金・銀・銅の貨幣が大量に作られました。

江戸時代の水産業

麻糸で作った強い網の開発が行われ、九十九里浜(千葉県)で、イワシ漁で干鰯と呼ばれる肥料に加工され、綿作地域に。紀伊(和歌山県)、土佐(高知県)では、捕鯨やかつお漁がさかんになり、蝦夷地(北海道)では、ニシン漁や昆布漁がさかんに。

歴史の復習

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る