江戸時代の身分とくらし

スポンサーリンク

江戸時代の身分

  • 武士…江戸や城下町に住む。名字・帯刀の特権を持つ。
  • 町人…営業税を納め,町では有力な町人が自治を行う。
  • 百姓…全人口の約85%を占める。土地を持つ本百姓と土地を持たない水呑み百姓があり、有力な本百姓が村の自治を行う。五人組の制度で、年貢の納入などに連帯責任を負う。
身分えた・ひにんの農民身分は、武士に対する不満をそらすために政治的につくり出された。ほかの身分の人々から差別され、その差別は封建社会が 揺いできた幕末にいっそう厳しくなった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る