▶ YouTube授業動画もやっています

中学地理「中部地方に関する一問一答」

スポンサーリンク

中部地方に関する一問一答

次の問いに答えなさい。

(1)日本アルプスは、飛騨山脈・赤石山脈と,もう1つは何ですか。
(2)中部地方を3つの地域に分けたとき、東海・北陸と、もう1つは何ですか。
(3)(2)の地域で行われている、涼しい気候を生かして野菜の出荷時期を遅くする農業を何といいますか。
(4)東海で行われている、ビニールハウスなどを使って野菜や花を栽培する農業を何といいますか。
(5)名古屋市を中心に広がる。機械工業がさかんな日本最大の生産額の工業地帯を何といいますか。

中部地方に関する一問一答解答

(1)木曽山脈

飛騨山脈、赤石山脈、木曽山脈を日本アルプスという。

(2)中央高地

北陸は日本海側の気候で雪が多い。中央高地は中央高地の気候で冬に冷えこみが厳しく、東海は太平洋側の気候で冬は乾燥した晴れた日が多い。

(3)抑制栽培

北陸は越後平野を中心に稲作がさかん。中央高地は盆地でりんごなどの果樹栽培、高冷地で野菜の抑制栽培。東海は野菜や花の施設園芸農業、茶・みかんの栽培がさかん。

(4)施設園芸農業

愛知県の渥美半島ではメロンや電照ぎくなどの栽培がさかんである。

(5)中京工業地帯

愛知県豊田市とその周辺部では、自動車の生産がさかんである。
中京工業地帯日本最大の工業生産額、輸送用機械を、はじめとする機械工業がさかん。静岡県は東海工業地域。北陸は金属、化学工業のほか、各地に伝統産業・地場産業。

確認中学地理「中部地方」重要ポイント

コメント