【中学歴史】地域紛争と日本の貢献

スポンサーリンク

【中学歴史】地域紛争と日本の貢献についてまとめています。 地域紛争は、民族・宗教・文化のちがいから国家間の対立に発展し、あい次ぐ地域紛争がおこりました。地域紛争の解決のためPKO、NGOなどの活躍しました。日本は、国連PKOに自衛隊を派遣。冷戦後は、日米関係の強化していきました。

地域紛争

民族、宗教、文化のちがいや国家間の対立が原因です。イラクがクウェートに侵攻した湾岸戦争。2001年に起こった同時多発テロを理由とするアメリカのアフガニスタン攻撃、イラク戦争など、民族・宗教などの違いから紛争が続いています。
紛争

  • 湾岸戦争…1991年、イラクのクウェート侵攻がきっかけで起きました。
  • アフガニスタン攻撃…2001年、アメリカで起きた同時多発テロを理由に、アメリカがアフガニスタンを攻撃して始まりました。
  • イラク戦争…2003年、アメリカが主導して起こしました。
スポンサーリンク

地域紛争解決のために

国際連合

  • 平和維持活動(PKO)…国連が地域紛争解決のために組織します。
  • 非政府組織(NGO)…民間で組織されるもので活動分野は広範囲です。

確認【中学歴史】国際連合と冷戦

日本の国際貢献と国際協調

自衛隊の海外派遣に関しては、1992年にPKO協力法が制定されたことを受け、自衛隊の国連平和維持活動(PKO)への参加が行われるようになった。

  • 経済援助…日本の政府開発援助(ODA)の額は世界の中で多いほうですが、国民所得に対する比率は低いという課題があります。
  • PKO…国連平和維持活動の略号です。停戦監視、復興支援、選挙などの行政支援などのために国連が各国に呼びかけ、組織します。

日米関係

1996年に日米安全保障共同宣言を発表し、協力関係を強化しました。

  • 課題…日米関係は、同時多発テロ事件以降、アメリカの軍事行動への協力をめぐって意見が分かれています。
  • 北朝鮮との関係…拉致問題、国交問題など困難な課題があります。

自衛隊

自衛隊は防衛だけでなくさまざまな活動を行う。

  • 国際連合の平和維持活動(PKO) 復興支援や護衛など。カンボジアや東ティモール, イラン、ソマリア沖など。
  • 災害支援…東日本大震災などの自然災害で災害支援を行う。
警察予備隊
日本ではこの朝鮮戦争を機に、警察予備隊が創設されました。警察予備隊は保安隊に改編され、その後現在の自衛隊となった。自衛隊の任務には防衛だけでなく、治安維持のための出動や災害派遣が含まれています。

戦後の日本

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る