▶ YouTube授業動画もやっています

中学地理「地形図の確認問題」

スポンサーリンク

中学地理「地形図の確認問題」です。

スポンサーリンク

日本の地形・地形図の確認問題

次の問いに答えなさい。

(1) ルートマップなどに従い、実際に現地をまわり、地形や土地利用のようすなどを観察・記録する調査方法を何というか。

(2) 地形図に表すとき、実際の距離を縮めた割合を何というか。

(3) 地形図で方位記号が示されていない場合、上はどの方位を表すか。

(4) 2万5千分の1の地形図と5万分の1の地形図とでは、どちらが土地利用などのくわしいようすを知ることができるか。

(5) 北海道と南西諸島をのぞく、日本列島の大部分が属する気候帯は何か。

(6) 瀬戸内で雨が少ないのは、中国山地と四国山地が何をさえぎるからか。

(7) 地震にともなって発生し、沿岸部に被害をもたらす自然災害を何というか。

(8) 夏から秋にかけて発生し、とりわけ南西諸島から西日本にわたって大きな被害をもたらす暴風雨を何というか。

(9) 現在の日本のように、出生率が低下し、65歳以上の人口の割合が増え続けている状態を何というか。

(10) 1960~70年代、地価の高い都心部から郊外に移住する人が増えたため、郊外の人口が増え、都心の人口が減った。この現象を何というか。

(11) 人口が集中し、交通渋滞, 住宅不足などがおこっている状態を何というか。

(12) 人口が減少し、地域社会の維持が困難になっている状態を何というか。

日本の地形・地形図の確認問題の解答

(1) 野外調查
(2) 縮尺
(3) 北
(4) 2万5千分の1
(5) 温帯
(6) 季節風
(7) 津波
(8) 台風
(9) 少子高齢化
(10) ドーナツ化現象
(11) 過密
(12) 過疎

中学地理
スポンサーリンク
中学社会科の記事一覧
中学社会における「地理」「歴史」「公民」のテストで出るポイントをテーマ・単元ごとにまとめています。完全無料なので、自分の学習進路・計画に合わせてご利用ください。

コメント

テキストのコピーはできません。