2018年センター試験1日目終了後の過ごし方・勉強法

スポンサーリンク

2018年センター試験1日目後の過ごし方・勉強法についてまとめています。2018年センター試験1日目のテストお疲れ様でした。明日は、2日目です。限られた時間で何をするかで、まだまだうまくいかなかった人も逆転は可能です。前進あるのみです。

1日目後の過ごし方・勉強法

  • 気持ちを切り替える…明日、2次試験と試験はまだまだ続く。
  • 1日目の答え合わせはしない…自己採点は、明日の試験が終わってから。
  • 明日の試験科目の勉強…1点でも多く取りにいく。
  • 早めに寝る…明日は、万全の態勢で臨む。
スポンサーリンク

受験は、はじまったばかり

まだまだ受験は始まったばかりで、少なくとも1か月半続きます。明日の結果と2次試験と挽回するチャンスもありますし、1日目がうまくいった人も、今一度気を引き締めて、点数を取りにいきましょう。

採点は明日

自己採点は、明日です。正解した、合っていたと思っていた問題が、間違っていたときの精神的ダメージは大きいです。できなかった問題や難しかった問題は、他の受験生もそう感じていると思って、すべては、明日の受験科目に専念していくましょう。

勉強すべきところ

「最近やった×だった問題をもう一度する。」これに限ります。暗記系よりも、演習系を優先しましょう。演習をすることで、その解法パターンが明日出題されるかもしれません。暗記系は、また明日の夜から再開しましょう。

早めに寝る

早めに寝ましょう。たとえ、寝付けなくても、目をつむっているだけでも、疲れは取れます。そして、朝は早めに起きて、余裕をもって出発しましょう。健闘を祈っています。

勝負はここから<センター試験後>

本当の勝負は、ここからです。2次試験のウエイトが高い国公立も多いです。1か月で大きく、実力をつけることは可能です。センター利用で私立を考えている人で、肝心のセンターがうまくいかなかった人は、一般入試を視野に入れ、過去問で傾向をつかみ、苦手なところをどんどんつぶしていきましょう。

ここから勝負!かずかずの逆転劇を見た筆者なので、そう断言できます。一番よくないのは、くよくよすること。公開すること。体調を崩すこと。

前に進む。さあはじめよう!

あわせて読みたい

以上が、2018年センター試験1日目終了後の過ごし方・勉強法でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする