2018センター試験中間平均点発表!予想は当たったのか!?検証

スポンサーリンク

2018センター試験中間平均点発表され、いよいよ国公立2次試験に向けて、志望校に合わせた勉強に突入ですね。

2018年1月13日(土)・14日(日)に行われたセンター試験の中間発表が大学入試センターより行われました。平均点の状況は以下の通りとなっています。今回は、これまでの平均点と大手予備校の予想平均点との比較も合わせて確認できるように一覧表にしています。

2018年度センター試験平均点(中間発表)

科目 2015 2016 2017 2018 中間発表平均点2018
大手A 大手B
国語 119.22 129.39 106.96 103 111 102.36
数IA 61.27 55.27 61.12 62 57 63.62
数IIB 39.31 47.92 52.07 49 49 53.96
数IA・IIB 100.58 103.19 113.19 111 106 117.58
英語(筆記) 116.17 112.43 123.73 126 120 125.50
英語(リスニング) 35.39 30.81 28.11 23 25 23.05
物理基礎 31.52 34.37 29.69 32 35 32.58
化学基礎 35.30 26.77 28.59 30 30 31.23
生物基礎 26.66 27.58 39.47 34 38 36.31
地学基礎 26.99 33.90 32.50 29 31 31.96
物理 64.31 61.70 62.88 62 61 63.19
化学 62.50 54.48 51.94 59 61 62.06
生物 54.99 63.62 68.97 62 68 68.97
地学 40.91 38.64 53.77 52 57 49.87
地理B 58.59 60.10 62.34 68 65 70.22
世界史B 65.64 67.25 65.44 67 65 70.18
日本史B 62.01 65.55 59.29 59 61 63.92
現代社会 58.99 54.53 57.41 53 57 60.38
倫理 53.39 51.84 54.66 64 61 67.52
政治・経済 54.79 59.97 63.01 54 63 57.66
倫理・政経 59.57 60.50 66.63 72 69 73.06
スポンサーリンク

講評

全体を通しては、平均点が高くなっており「易化」したといえるでしょう。特に、社会科目で、7割を平均点が越えてくるものも多く、勉強した分、努力した分が結果に結びつきやすかったといえます。満点をとったという声は、例年以上に多かったように思えます。

来年に向けては、「国語」の対策をきっちりやれるかが、合否の大きな分かれ目になる予感がします。

2次試験に向けて

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする