有機農業の行う際に知っておきたい病虫害対策

スポンサーリンク

農業、中でも有機農業をした場合、虫や病気との闘いが日常的に起こることを覚悟の上で行分ければなりません。そのため、有機農業に取り組むのはかなり難しいと考えられています。昨今、食べものの「安心・安全」に注目が集まり、有機農業への注目はますます高くなり、我々もその有機農業に挑戦したいと思っています。今回は、農薬を使わずに野菜を栽培する際の病虫害対策について学んでみます。

有機農業
有機農業とは、有機農業の推進に関する法律において、化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業とされています。

病虫害対策

スポンサーリンク

防虫ネット

虫を野菜につかないようにするのが一番ということで、防虫ネットが一番お手軽に始められる病虫害対策のようです。野菜に防虫ネットをかけて、防御するという方法です。これにより、飛来して卵を産みつける虫を入れなければ幼虫も発生ないから安心です。しかしながら、気をつけておかないといけないのが、メッシュ(穴)が小さすぎると風通しが悪くなり、今度は、土壌病害が発生することがありますから、要注意とのことです。

誘因ライト

虫を誘因する誘引するライトという方法もあります。特定の色を好む虫を誘い込むというわけです。

コンパニオンプランツ

お互いにいい影響を与えあう作物を栽培するコンパニオンプランツを行うことで、病虫害対策にもなるようです。つまり、単一作物を大規模に栽培するのではなく、小規模多品目栽培による昔ながらの栽培の多様化により、特定の虫害を抑えることができるとのこと。

天敵の利用

農薬を散布しない畑には、さまざまな虫や微生物、小動物などが集まります。それらの天敵の利用する方法。

たとえば、春先に産卵前のテントウムシを捕獲し、ちょうどアブラムシが出る時期に自分の畑に放すことで産卵を促し、幼虫を利用します。幼虫はサナギになるまで畑におり、アブラムシを食べ続けてくれます。農薬ほどの劇的な効果はなくても、一定程度の効果は見込めるとのこと。

天敵の<例>

テントウムシ

幼虫がさなぎになるまでアブラムシを食べ続けてくれます。

カマキリ

虫ならなんでも食べてくれる。

リョッキョウ菌

幼虫やアブラムシに取りつくカビ。

ヒメハナカメムシ

ナスなどを食害するアザミウマの天敵。

そのほか、カマキリ、クモ類なども。

あわせて読みたい

「17、18の死が惜しければ、30の死も惜しい。80、90、100になってもこれで足りたということはない。半年と云う虫たちの命が短いとは思わないし、松や柏のように数百年の命が長いとも思わない。天地の悠久に比べれば、松柏も一時蠅(ハエのような存在)なり。」吉田松陰

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする